日本医療機能評価認定施設/平成26年2月16日3rdG:Ver.1.0取得  

             
         

臨床工学科紹介:  医療機器は急速に進歩し、より多機能な製品が多くなってきています。 その反面、操作方法は複雑になってきており、 医療機器の操作ミスによる医療事故も未だ多く報道されています。臨床工学科では、医療機器による事故を出来る限り未然に防ぐよう点検・修理はもちろん医療機器の機能・操作について精通するよう努力し、より安全により確実により効率的に治療や検査を行えるようチームの一員として活躍できればと考えております。
  臨床工学科科長 笹本 竜太郎
基本方針: 「医療機器の安全かつ効率的な活用を心がけると共に、患者さんの命に直結する生命維持装置について熟知していること」
学会発表: 「充電式乾電池を使用した生体情報モニタ用送信機運用方法」
  発表 古渡教之、市橋和明、笹本竜太郎
  第4回関東臨床工学技士学会 2013年11月 栃木県 小山グランドホテル

「病院機能評価Ver1.0の受審に際してのCEの対応に関して」
  講演 笹本竜太郎
  「2013年度 茨城臨床工学技士会 医療機器管理セミナー」
  2014年2月 JAとりで医療センター

ワークショップ
 「医療機器管理の標準化と院内管理体制の確立に向けて」
 「保守管理の強化のための機器点検技術のレベルアップ」
  座長:笹本竜太郎
 「2013年度 茨城臨床工学技士会 医療機器管理セミナー」
  2014年2月 JAとりで医療センター
主な業務内容: 循環器関連
 心臓の動脈硬化性の病気である「狭心症」・「心筋梗塞」で心臓カテーテル検査、 バルーン・ステント等による治療にチームの一員として臨床工学科は携わっております。 主にポリグラフ、IVUS(血管内エコー)、IABP(心臓の機能をサポートする装置)、心臓ペースメーカなどの操作を行っています。
 植え込み心臓ペースメーカでは事前に注意事項などの説明を行っています。 また、ペースメーカ植え込み患者様の外来定期チェックはもちろん、緊急チェック、設定変更にも即対応できるようプログラマを常備しております(4メーカ)。

     
ポリグラフ  IABP  IVUS 
     
ペースメーカ  プログラマ   
  消化器関連
腹水濾過濃縮再静注(腹水中の蛋白のみを取り出して体に戻す治療)、潰瘍性大腸炎の治療の一つであるGCAP(顆粒球成分除去療法)、 LCAP(白血球成分除去療法)という血液浄化を行っています。
     
 腹水濾過濃縮再静注法  GCAP用カラム LCAP用膜 
  呼吸器関連
病棟使用中人工呼吸器はラウンドチェックを行っています。呼吸回路交換も臨床工学技士が行っています。
     
 人工呼吸器ハミルトン  人工呼吸器ザビーナ 人工呼吸器V-60
  脳神経外科・整形外科手術関連
脳外科・整形外科の術中モニタリング(MEP・SEP・ABR・AMR・MCVなど)を中心に機器操作を行っております。 これは術中の神経の同定や血流障害などによる脳・神経のダメージを早期発見するために役立ちます。
術中モニタリング機器
  血液浄化・血液透析関連
当院は慢性維持透析には対応しておりませんが、急性腎不全など緊急を要する場合などに血液透析を行っております。 また重症な患者様への緩徐式血液濾過透析やエンドトキシン吸着療法などにも即対応出来るようにしております。

     
個人用血液透析器 緩徐式血液濾過透析 エンドトキシン吸着器
  医療機器点検修理管理関連
輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、低圧持続吸引器などをME中央管理とし1回使用したら点検を行うようにしております。 全病棟の輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧持続吸引器のラウンドチェックを行い異常の早期発見や、 適切な使用状況確認などに心がけるとともに、在庫状況をLANにて各病棟にお知らせしています。 点検・修理機器もガス配管から手動血圧計まで出来る限り臨床工学技士が行うよう心がけ、即使用できる状況に戻し、 修理費用の削減に繋げ、即安全に使用できるように努めています。
また、医療機器電子カルテを作成し点検・部品交換時期や修理履歴・費用などが把握しやすいようにしています。
     
輸液ポンプ シリンジポンプ 血圧計 低圧持続吸引器
先頭に戻る
 サイトマップ l プライバシーポリシー  
〒301-0854 茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番
 TEL:0297-63-7111(代表)
 E-mail:web_master@ryugasaki-hp.org
 Copyright (C) 2006 RH All rights reserved.