日本医療機能評価認定施設/平成26年2月16日3rdG:Ver.1.0取得  

             
         

放射線技術科紹介:  私たちは、検査をなるべく快適かつスムーズに受けれるよう努力しています. わからない事や心配なことがありましたら、何なりと御質問してください.
基本方針: ・高度な医療に貢献できる画像検査を目指します。
・二次救急医療に貢献できるよう努めます。
・被爆低減に努めます。
・ペイシェントケアーに努めます。
検査機器の紹介:
CT  
 こちらはCTと呼ばれている機械になります。身体の断層撮影をする装置になり、当院のCTは64列MSCT(Multi Slice Computed Tomography)で、マルチスライスCTと呼ばれている装置になります。昔に比べるとより細かく・より早く撮影できるようになり、体格により多少の違いはありますが、胸部だと約4秒で撮影が完了します。また、細かく撮影できる事で心臓の検査や3Dなども可能になりました。
MRI  
 こちらはMRIと呼ばれている装置です。CTに似ていますが、こちらは放射線を使わずに磁気を利用して断層画像を得る装置になります。1.5T(テスラ)という強い磁気を使用して検査を行いますのでペースメーカーや、磁気に反応する金属が体内に入っている方は検査できません。
※検査可能なものもありますので、気軽にご相談下さい。
また、検査中は大きな音がするのが特徴で狭い空間に入りますので閉所恐怖症の方も検査できない事があります。
DR  
  こちらはDRと呼ばれる装置になります。代表的な検査としてバリウムの検査がありますが、整形や泌尿器の検査など多目的に使用する装置です。当院の装置は従来のDR装置とは異なりFPD(flat panel detecter)と呼ばれる信号収集機器が装備されており、より鮮明に画像が得られ細かな異常の発見に優れています。
US  
 こちらは超音波やUS(Ultra sound)と呼ばれる装置です。放射線は使用せず音波の一種を利用して体内の情報を収集しますので、妊婦さんの検査で有名です。またコンパクトな装置で移動が簡単なため緊急時などに利用される事もあります。
先頭に戻る
 サイトマップ l プライバシーポリシー  
〒301-0854 茨城県龍ケ崎市中里1丁目1番
 TEL:0297-63-7111(代表)
 E-mail:web_master@ryugasaki-hp.org
 Copyright (C) 2006 RH All rights reserved.